top of page
検索

ビーツを調理してみました 

2020/05/02

先日ビーツについて書きましたが、今日は実際に調理した様子をお伝えします。


お気に入りの食べ方、ピクルスです。


とっても簡単です。しかも適当です(笑)。

当農場で作っている2種類のビーツを使います。


まずは、ビーツの皮をむきます。


並べてみました。手前はうずまき模様が特徴の「ゴルゴ」。お皿に乗っているのは「ソーレ」です。

前にも書きましたが、「ソーレ」はむくと手が真っ赤になります。

殺人現場です(笑)。汁が服などにつくと赤くなりますのでご注意ください。

ただし、洗剤で洗うと落ちますよ。


「ゴルゴ」は個体差があります。これはずいぶん白っぽかったです。

食べやすい大きさに切ります。

「ゴルゴ」と「ソーレ」は同じビーツでも、見た目も味もずいぶんと違うように思います。


「ゴルゴ」は色が薄め。ピクルスにした時、綺麗なピンク色になります。

食感はかためで、独特の泥臭さが「ソーレ」よりも強く感じられます。


「ソーレ」は色がものすごく濃いです。食感は柔らかめで、水分が多い感じ。

甘みも「ゴルゴ」よりも強く、生でも食べられそうです。(よく畑でかじっていました)


「ゴルゴ」の上に「ソーレ」を入れました。色の違いが一目瞭然ですね。

ビーツは下ごしらえとして、皮付きのまま丸ごと茹でてから使うというのが一般的のようです。そのように手間のかかることはいたしません。ズボラですので・・・。


鍋にピクルス液を作ります。お好みの味付けでいいと思います。

今回は、酢、砂糖、塩、冷蔵庫に少し残っていた料理用白ワインを入れました。

香辛料は、ローリエとシナモンスティックを使いました。

お好きな香辛料で良いかと思います。仕上げにブラックペッパーを入れたりもします。


汁は少なめでも大丈夫です。

ピクルス液を煮立たせたら、生のビーツをドバッと入れます。

時々かき混ぜながら、少し(3分くらい?)煮ます。煮すぎると柔らかくなるのですが、そこはお好みで。


自分は硬めが好きなのですが、量が多いので長めにやったら、今回は柔らかくなりすぎてしまいました・・・。そのまま冷まして完成です。


冷蔵後で冷やすとおいしいです。保存も冷蔵庫で。

数日置くと味が馴染んでよりおいしくなります。


日持ちがするので、たくさん作ってもいつの間にかなくなっています。

毎日食べていたら、健康になれそうですよね。


分量がいつも適当なので、いつも違う味です(苦笑)。香辛料の香りで独特の臭みが消えるのか、とても食べやすいです。他の品種のビーツで試したことはないのですが・・・。


しかし、今回のビーツの量は多い・・・。

2kgくらいはあったかと。気長に食べることにします。


BLOG

bottom of page