top of page
検索

オリジナル絵本の書籍化 

2020/11/13



このブログにも載せている絵本を、書籍化してもらうことにしました。


「YOMO」というオリジナル絵本のサイトで公開、販売しています。

Amazonでも販売予定です。

YOMO オリジナル絵本通販サイト https://www.yomo-ehon.com


過去の作品をなぜ今さら本にしようと思ったか・・・。


少し前に某出版社から、絵本を書籍化しませんかというお話をいただきました。

その出版社が主宰する絵本のコンテストに応募していたのです。

結果はすでに出ていて、特に何かの賞を受賞したわけでもなく忘れていました。


来春くらいに書籍化できる作品がないかを見直していて、目に留めてくださったそうなのです。全国流通し、本屋さんの絵本コーナーに自分の絵本が並ぶという夢のようなお話です。ところがそのためには高額の費用がかかると。自費出版の勧めでした。


自分でお金を出すのだから、売れた分は自分の手元に入ってくるのかと思っていたら、そうではないようで。元を取るためには大ベストセラーになるくらい売り上げないといけないようなのです・・・。


無理です~!


お金持ちならともかく、自己満足のために高額の費用を払うことはできませんでした・・・。で、お断りをしたわけなのです。


担当の方が「このまま埋もれさせておくのはもったいないです」と言ってくださいました。リップサービスかもしれません。


でも、出版社でたくさんの作品を見てきた目の肥えた方からのお言葉。

調子に乗っちゃいました。


この「YOMO」というサイトを運営しているのは印刷会社なのですが、注文が入ったら1冊から印刷して届けてくれるのです。社会貢献としてこの取り組みをされているそうです。


初期費用もかかりません。絵本作家を目指す人にはとてもありがたいことですね。


最近は書籍が売れないと言われ、出版社は苦労をしていたようです。

しかし、コロナで家にいる時間が増えたことで、児童書の売り上げが上がっているとか。


デジタル化が進んでも、本をめくるワクワク感はやっぱりいいものです。


幼少期に定期購読していた絵本が未だに捨てられず、大量に本棚にあります。

同じ絵本を図書館や書店で見つけると、嬉しくなります。


いい作品は時代を超えて語り継がれますね。

自分も、後世まで残るような作品を作りたいです。


BLOG

bottom of page