top of page
検索

お気に入りの絵本 「アライバル」

2022/02/26


アライバル ショーン・タン

衝撃を受けました。

すごい・・・。なんかとにかくすごいです。

濃厚で長いファンタジー映画を観終わったような、そんな気分になりました。


文章はありません。

アニメーションのような細かいコマ割りのカットと、大きな絵で構成されています。

描写が細かくて、とても正確。

登場人物の表情と身振り手振りだけで、状況がわかるのです。


舞台は空想の世界です。

主人公の男性は新天地を求めて、見たこともない国へとやってきました。

見るもの全てが驚きです。読んでいる我々も驚きます。

表紙の絵にも載っていますが、不思議な生き物もたくさんいます。


その発想はどこから出てくるのか、それだけでも度肝を抜かれました。

なんだかへんちくりんで、意味不明なのにとてもリアルなんです。


ストーリーにも深く感銘を受けました。

主人公が出会う様々な人たちは、それぞれに困難を乗り越えて今いる場所へとやってきたのです。戦争だったり、強制労働だったり、侵略者だったり・・・。


移民となった人達が行き着いた先で、幸せになれるかどうかわかりません。

この本に出てくる人は、みんな楽しそうです。

作者は希望を込めたのかもしれません。

絵本の概念を覆すような絵本。おすすめです!


BLOG

bottom of page