top of page
検索

お気に入りの絵本 「ねぎぼうずのあさたろう」 

2019/08/05

ねぎぼうずのあさたろう 飯野和好

ねぎ畑で生まれたあさたろうが、東海道を旅する時代劇ものの絵本です。

「ねぎぼうず」とは、ネギのお花のツボミのことなんですけど、なんで「ぼうず」って言うんでしょうね。ねぎぼうずも食べられますよ。


あさたろうが旅の途中で出会った人(食べ物)を助けたり、悪い奴をやっつけたりします。痛快なチャンバラシーンがあったり、涙ものの人情劇があったり、敵討ちもやります。


お話が面白いんです!


そして、飯野さんといえば一目見てわかる独特の絵。迫力のある場面構成。

実際に時代劇を見ているようです。文章の文字もご自身で手書きで書かれていて、そのリズムが心地いい。擬音語満載で、声に出して読んだら絶対に面白いです!


登場人物(食べ物)たちも個性豊かで、それぞれに色々と事情を抱えていたりします。

出てくるのは食べ物ですが、なんとも人間臭くて愛おしいのです。


シリーズで10巻完結です。

個人的にはあさたろうの父親、「ながきち」が好きです。

めちゃくちゃ強くて、かっこいい!


次の巻が出るのを心待ちにしていた絵本です。

BLOG

bottom of page