top of page
検索

お気に入りの絵本 「とんことり」 

2019/12/15


とんことり 筒井頼子作・林明子絵


「とんことり」は擬音語です。

郵便受けにお手紙が届けられた時の音です。


「トン、コトリ」

 

なんとも素敵な響きですね。最初に見たときは、なんのこっちゃ?と思いました。

ひらがなで書いてあるのは、小さい子でもわかるようにということなのでしょう。


主人公のかなえは新しい町に引っ越してきます。誰も知っている人はいないはずなのに、毎日郵便受けにかなえあての贈り物が届きます。


「とんことり」


かなえにしか聞こえないのです。

一体誰が届けてくれるのだろう?外に出ても誰もいません。


最終的には送り主がわかるのですが、最後のページがすごくいいんです!

春の野原を自転車をこいでいるかなえたちの笑顔が、全てを物語っている感じがします。

言葉はいらないですね。


林明子さんの絵は、本当に素晴らしいです。子供の様子をよくとらえて描いています。

優しい、温かい絵がとても好きです。

「魔女の宅急便」の原作の絵を担当していることでも知られています。


小さい子向けですが、優しい気持ちになれる素敵な絵本です。

BLOG

bottom of page